キッズ脱毛には、光脱毛は何歳からお勧めなのか?

毛深さと悩みの深さは比例する?お子さんのSOSに気付いていますか?

父親と遊ぶ少女と弟

《年齢別の脱毛に対する意識と行動》

キッズ(未成年)3歳児

キッズ脱毛と言っても、年齢(未成年)には幅があります。現状の脱毛サロンの対象年齢が一番年齢が低いのは、3歳から脱毛からというサロンがあります。

3歳で脱毛するというは、自分(3歳児)の意思というより、親の意向だと思います。子供が自ら「脱毛したい」と言い出す年齢ではありません。
子供の毛深さに気付けたのは、お母さんが子供の事を常日頃チェックしているからだと思います。この場合は、遺伝で毛深い可能性も疑う必要があります。

キッズ(未成年4~6歳)

小学校に入学する手前の年齢です。保育園や幼稚園に通うようになると、友達とのコミュニケーションが始まります。
この頃になると、他人の視線を気にするようになります。
友達から毛深い事を指摘され、自分が毛深いことを認識する時期です。

キッズ(未成年7~12歳)

小学校1~6年生の年齢です。他人に指摘されなくても、自分で気付く年齢です。すでに毛深いことをからかったアダ名を付けられている場合もあります。悩みのレベルは、この頃から深くなっていきます。

キッズ(未成年 13~15歳)

中学生の年齢です。この年齢になると、異性の視線を強く意識し始めます。悩んでいる子は、行動に移します。自分で脱毛を始めます。親に内緒の場合もあります。毛抜きやカミソリなど、手近な物で脱毛する傾向があります。

キッズ(未成年16~18歳)

高校生の年齢です。カラダは大人とほぼ同じになります。異性の視線と、もっとキレイになりたいという美意識が強くなる年齢です。お小遣いやバイト代で、ある程度は欲しい物が手に入るので、脱毛クリームやテープなどの脱毛用品を買って、自分で脱毛をします。ワキの処理は、100%に近い女子が脱毛をします。

◎生理が始まったり、ワキ毛が生えてくると、女子は100%脱毛し始めます。

ただ自己処理なので、肌にダメージを与えている可能性も高いので、チェックして注意してあげる必要があります。

脱毛方法などの知識も、お母さんがキチンと教えてあげる必要があります。

キッズといっても、5パターンに分かれました。
昔よりカラダも心も成長が早いので、親が考えているより大人なのです。

正しい知識は身を守る?10年後に後悔しない脱毛とは?

海辺の夕暮れに佇む少女

《光脱毛のメリットとデメリット》

・光脱毛とは、黒い色素に反応して、高温で毛根を焼いて毛を抜く脱毛方法です。

・光脱毛以前の方法よりは、ずっと痛みは無くなり、肌のダメージも少なくなりました。

・でも、部位によっては強い痛みがあり、火傷や炎症のリスクがあります。

・デリケートな肌には、不向きな脱毛方法です。脱毛サロンでは、高校生以下の子供では受けられない場合がほとんどです。

未成年は必ず親の同意書無しには、契約することは出来ません。

・光脱毛でも独自の施術で、7歳以上の子供でも脱毛出来るサロンがあります。

TBCプロデュースのエピレです。

TBCはエステサロンの老舗ですが、もっとリーズナブルな料金で受けられるサロンというコンセプトで、エピレが誕生しました。

高い技術をリーズナブルな料金で受けられるので、人気のあるエステサロンです。

《光脱毛のボーダーライン》

・エピレが7歳から脱毛OKなので、小学生で光脱毛するなら、エピレという選択となります。

・もう少し年齢が上がれば、受けられるサロンが増えるので、サロン同士の料金やサービスの比較が出来るようになります。

・お子さんの毛量や毛深いことへの悩みの深さで判断し、脱毛の時期を慎重に決めてあげて下さい。

光脱毛の落とし穴?男の子は受けられない、女子限定ルール

虫眼鏡と少女

実は脱毛サロンは、女性限定なんです。女性が安心して施術を受けられる為の配慮です。

・子供でも例外は無いので、男の子は受けられません。

・男性は男性専用のサロンへ行くしかありません。

男性専用サロンにキッズメニューは、現状見つかりませんでした。

ニーズが増えれば、出来るかもしれませんね。

・光脱毛が高校生からなのは、生理と関係がある気がします。

女性は出産への準備段階で生理があります。ほとんどの女性は生理痛を経験します。

ある意味、痛みに対しての免疫が出来るので、ほぼ大人のカラダに成長した高校生くらいからとなった気がします(個人的な意見)

・男性が女性より痛みに弱いのは、生理や出産が無いからだとも言われています。

悩みの早期解決はエピレ!小学生から受けられる光脱毛がお勧め!

まだ小学生だけど、光脱毛しても大丈夫?…と悩んでいるお母さんはいますか?

エピレの無料カウンセリングで、まずは相談してみて下さい!

お子さんの明るい笑顔を取り戻す為に、お母さんが勇気を出してあげて下さいね!


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

コメントは受け付けていません。