イジメ注意!毛深い子供は狙われやすい?

子の悩み!救い出すのは母の行動力!

浜辺に立つ少女の後ろ姿

子供は良くも悪くも好奇心が強いです。

それは幼児の頃から始まっています。

自分と違うものを見付けると、それを口に出して言います。

それが外見についての場合、大人ならオブラートに包んだ言葉を選びますよね?

でも子供は目にうつる物を、そのまま言葉にしてしまいます。

子供は手加減が出来ない

子供は可愛いです。でも反面、残酷な面を持っています。

大人は経験上、喧嘩をしてもボーダーラインを知っています。

これ以上は攻撃してはいけないというラインです。

でも子供は相手の反応が大きいと、より攻撃してしまう特徴があります。

それがイジメの元凶になる可能性があります。

例えば毛深い子がいたとします。

最初は何気なく「お前の草(毛)長いな~」と、自分より毛深い事を指摘したとします。

それに対して言われた子が、恥ずかしがったり、嫌がったりします。

毛深いという事実より、言われた子のリアクションを面白がって、何度も言うようになります。

そのうち「毛虫」とか「猿」とか、毛を連想させるアダ名を付けます。

周りの子も一緒になってからかいが始まります。

おそらくイジメの意識はありません。

ただ、からかう行為が楽しいのです。

罪の意識が無い分だけ事態は悪化します。

一方イジメを受けている子は、毎日が地獄のようです。

親に打ち明けられた子は救いがありますが、誰にも言えない子は、どんどん殻に閉じ籠っていきます。

終いには、鬱になったり、登校拒否になる可能性もあります。

心の傷はトラウマになります。

その子の人生に影を落とす事にもなりかねません。

コンプレックスをかかえて、何事にも自信を持てなくなる可能性もあります。

隠れて脱毛する危険

親に言えない子は、自分で何とかしようとします。

洗面所にあるお父さんの髭剃り用のカミソリを手に取り、お風呂場でコッソリと手を剃ろうとするかもしれません。

誤って皮膚を傷付けて、流血するかもしれません。

血を見たことでパニックになる可能性もあります。

家に家族がいれば処置出来ますが、一人なら考えただけでゾッとしますよね。

これは実話ですが、毛深い事をからかわれた子供が、「長い草(毛)は嫌!」と、ハサミで毛を切ろうとして、皮膚も切ってしまった子がいました。

大切なのは、行動に出る前に親が気付くことだと思います。

毛深い悩みのアンケートについて

小学生を対象にしたアンケートで、毛深いことを気にしているかを問うと、10%弱の子どもが「とても気にしている」と回答しました。

高学年の方が悩んでいる子供が多い結果となりましたが、一年生で1.4%、2.7%がまあまあ気にしているで、合わせると、5%弱が毛深さに悩んでいることになります。

100人いたら5人の子供は、毛深さに悩んでいることになり、決して軽視出来ない問題だと思います。

子供からのSOSを見逃さない

お子さんは、言葉で伝えることも無く、いつもと変わり無く振る舞うかもしれません。

でも、何か異変があるはずです。

毛深さを気にするのは、半袖になるシーズンです。

以前なら夏物の洋服を解に行くのを喜んでいたのに、憂鬱そうな顔をしたり、プールが大好きだったのに、行きたがらなくなったり、スカートからパンツを好むようになったり、何か異変があるはずです。

問い詰めるような言い方はせず、明らかに悩んでいる事が分かれば、「可愛くしてみようか?」といっそ脱毛を勧めてみても良いかもしれません。

もし、親の勘違いなら、そこで拒否すると思います。

ここで大切なのは、毛の処理ということでは無く、可愛く=オシャレの一環でという感じを出すことです。

言えない子供は、自分が悩んでいる事は親を悲しませることだと思っています。

だから、最初はそのことに触れたくない可能性があるからです。

毛深さの悩みが解消されてから、「実はあの時に悩んでいたの…」と話してくれると思いますよ。

脱毛サロンという選択肢

悩んでいる子供だからこそ、間違った方法で脱毛してはいけないと思います。

キチンとした知識のもとで、肌を痛める事が無い方法を選択して欲しいと思います。

脱毛サロンの場合、必ず無料カウンセリングがあります。

カウンセラーは脱毛のプロです。毛の生える仕組みから、毛のサイクル、脱毛に関する知識、色んな話をしてくれます。

実際に契約するかは二の次です。お母さんと毛深さに悩むお子さんが、正しい知識を得る事が大切だと思います。

お子さんは漠然と「一生毛深いのかな?」と思っています。だからこそ、悩みは永遠では無い事を知って欲しいのです。

カウンセリングは、お母さんとお子さんの勉強会だと思って下さい。例え契約しなくても、有意義な時間だと思います。

もし、納得できて予算も合えば、お試し体験してみると良いと思います。

もし痛みなど問題が無ければ、本契約をすれば良いと思います。

中には、子供の為にカウンセリングへ行って、お母さんも一緒に脱毛することになったケースもありますよ!


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

コメントは受け付けていません。