脱毛NGのアトピーや日焼け肌!キッズ脱毛出来るサロンはあるの?

熱くないから痛くない!キッズに安心ハイパースキン脱毛!

遊具にもたれるランドセルの少女

アトピーなどのデリケートな肌や日焼けしたダメージ肌、どちらも脱毛する時の刺激に耐えられるのか、心配ですよね?

無料カウンセリングへ行って、もし断られたら…と思うと、なかなか予約する決心がつかないかもしれません。

でも子供は悩んでいるから助けてあげたいし、お母さんの心は張り裂けそうかもしれません。

脱毛は健康な肌の状態なら、脱毛マシンの刺激に耐えられると思います。

でも肌が傷付いた状態だと刺激が強くて、余計に肌を痛める可能性があります。

脱毛方法によっては、サロン側から断られるの場合もあります。

脱毛したことにより肌が炎症を起こして、サロンを訴えられても困るからです。

アトピーや日焼け肌がNGの脱毛方法とは?

高温の熱で毛根を焼く光脱毛やレーザー脱毛は、刺激があるのでダメージ肌には向きません。

黒い色に反応する仕組みなので、日焼け肌の黒さにも反応してしまうからです。

広範囲が火傷状態になり、肌はダメージを受けてしまうからです。

アトピーも、肌がより乾燥してしまうので、肌の状態が悪化してしまう可能性があります。

オウトツのあるホクロやニキビも断られるケースがあります。

◎肌トラブルがある状態では、基本脱毛は出来ません。

大人の肌でもそうなので、大人の皮膚の1/3の薄さの子供の肌には過酷な刺激となります。

でも私は肌が弱いから、脱毛したくても出来ない!と悲観しないで下さい!

そんな悩みを持つ人の為に、子供でも受けられるほど、肌に優しい脱毛方法が開発されました。

アトピーも日焼けもOK!子供のための優しい脱毛方法

今までの脱毛方法は黒い色に反応したり、高温の熱で痛みを感じることが原因で、アトピーや日焼け肌の脱毛が出来ませんでした。

それならば、その原因を解決すればいいのでは?と、色に反応したり、高温の熱を使わない脱毛方法が開発されました。

・黒い色に反応→色に反応しない
・高温の熱→体感温度で熱くない
↓↓
※悩み解決!ハイパースキン脱毛を完成!

ハイパースキン脱毛は、従来の脱毛方法とは真逆な画期的な脱毛方法なので、肌にダメージが無いと言うのが最大のメリットです。

3歳の子供でも受けられるほど優しい刺激

3歳と言えば、どちらかと言うと赤ちゃんに近いくらい、肌が弱い状態です。

刺激が強ければ、間違いなく炎症を起こして、皮膚科へ受診しなければならない状態になるでしょう。

でも、優しい刺激なので肌へのダメージがありません。

心地よくて、施術中に眠ってしまう子供もいるそうです。

ハイパースキン脱毛は、ディオーネで受けられます

キッズ脱毛の最先端の技術は、ディオーネのハイパースキン脱毛です。

ディオーネは、デリケート肌専門の脱毛サロンとして、元々有名なサロンです。

大人でも他店で断られた人も、ディオーネでなら脱毛出来ると評判でした。

大人のアトピーや日焼け肌でも、脱毛出来る技術力には定評がありました。

脱毛業界を見回しても、3歳から受けられるサロンは見当たりません。

同じキッズ脱毛で人気のエピレでさえも、7歳以上の年齢制限があります。

子供の日焼けは止められない

子供は大人と違って、マメに日焼け止めを塗る事は出来ません。

大人ならシミやシワの原因になる!と、紫外線をブロックしようと必死ですが、シミやシワの心配をする子供は見たことがありません。

外で遊んだり、スポーツしたり、遊ぶのが仕事なところがあるからです。

紫外線は敵という意識はありません。

光脱毛なら、脱毛前後の紫外線を避ける必要があります。

でも、子供に紫外線ガードを命じても、遊んでいるうちに忘れてしまいます。

でもハイパースキン脱毛なら、そもそも火傷の心配が無いので、紫外線を気にしなくても大丈夫です。

太陽なんて怖くない!ハイパースキン脱毛!

シャボン玉を膨らます少女

プラス効果で、しっとりすべすべ肌へ

ハイパースキン脱毛のメリットは、「痛くない」「ダメージ肌もOK」ということですが、さらに嬉しい効果があります。

「美肌効果」です。脱毛した後は乾燥しやすい状態となりますが、しっかりと保湿もされるので、肌が潤ってスベスベした手触りになります。

来店前より美肌になって帰宅出来るんです。プラス効果があると、脱毛に通うのが楽しくなりますよね?

親子脱毛が沸騰の兆し?

お子さんの為に無料カウンセリングを受けたお母さんが、説明を受けているうちに、自分も施術してみたいと気持ちが動くケースが増えているようです。

どうせ娘に同伴するなら、自分も脱毛しちゃおう!という感じで、親子での脱毛が増えているようです。

その仲良しな話を聞いたママ友へ口コミが広がって、プチブームになりつつあるようですよ~


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

コメントは受け付けていません。