毛嚢炎(毛包炎)が心配…キッズ脱毛は大丈夫なの?

保湿で守る肌バリア!毛嚢炎になんて負けないぞ!

両手を挙げて喜ぶランドセルの少女

毛嚢炎(もうのうえん)って、知っていますか?

肌の病気の一種です。脱毛した後に毛嚢炎を起こすケースがあり、子供も毛嚢炎になるのか心配なので調べてみました。

毛嚢炎とは?

肌にブツブツが出来る皮膚炎です。毛穴の奥の毛包に雑菌が入って炎症を起こします。

見た目は、赤みの少ない小粒のニキビのようです。

ほとんどの場合は、痛みや痒みが無い特徴があります。

雑菌の種類は、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。

毛嚢炎が出来やすい場所は、おでこや背中、ワキや膝小僧、太ももやふくらはぎ、そしてVIOです。

ニキビとは微妙に違うプツプツが毛嚢炎です。

脱毛後に毛嚢炎になりやすい理由

皮膚には常在菌がいて、バリア機能の役目をして肌を守っています。

健康な状態では、肌への刺激があっても耐えられます。

でも脱毛時にレーザーやフラッシュを浴びた肌は、バリア機能が下がります。

するとダメージを受けた毛包に、ブドウ球菌などが入り込んできて、毛嚢炎を引き起こします。

毛嚢炎の治療は?

毛嚢炎は、自然に治るケースが多いです。

痒みや炎症が酷くなった場合には、医療機関への受診が必要です。

抗真菌薬やステロイドの軟膏、抗生物質の飲み薬などが処方されます。

ステロイドの危険性

湿疹や炎症を抑えるために、副腎皮質ステロイド剤が処方されますが、ステロイドを塗りすぎると毛嚢炎を悪化させる危険があります。

ステロイドは、肌の免疫を抑える作用があり、塗りすぎると雑菌に感染しやすくなるリスクがあります。

毛嚢炎を防ぐ為には?

◎洗浄方法・保湿・日焼け止めなどが大切です。

脱毛後の肌は、いつもより清潔に保ち、しっかり保湿することが必要です。

バリア機能が低下した肌に、雑菌が入らないように気を付けましょう。

外出まえには、日焼け止めクリーム(冬でも)を塗りましょう。

洗浄方法の注意点

脱毛後の入浴時に気を付けるのは、洗浄方法です。

脱毛直後の肌はとても敏感なので、洗い過ぎに注意して下さい。

ゴシゴシ洗いは厳禁です!優しく撫でるように洗って下さい。

脱毛直後は、ボディソープなどは使用せず、お湯で流すだけの方が良いです。

使う場合は、しっかりと泡立ててクッションを作って、肌への刺激を減らしましょう。

毛嚢炎は、人にうつるか?

人にうつる心配はありません。

毛嚢炎の原因の黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などは、人のカラダに住んでいるが持っている細菌なので、感染の心配はありません。

毛嚢炎は、跡が残る?

刺激を与えずに清潔にしていれば、跡は残りにくいです。

でも悪化して化膿すると、したりすると、跡が残る可能性があります。

腫れや赤みが強くなったり、化膿したときは皮膚科を受診することをお勧めします。

毛嚢炎になったら、脱毛は休んだ方がいいの?

軽度なら短期間で治るので、お休みしなくても大丈夫です。

でも炎症が酷かったり、化膿している場合はお休みした方が良いです。

判断出来ない場合は、サロンのスタッフの判断に任せた方が良いと思います。

患部を除いた部分だけ、脱毛する可能性もあります。

医療脱毛と光脱毛、より毛嚢炎のリスクが高いのは?

より毛嚢炎のリスクが高いのは、医療脱毛です。

医療脱毛の方がパワーが強く、肌への刺激が強いので、毛包のダメージが大きいからです。

毛嚢炎は、何日くらいで治るの?

毛嚢炎は、だいたい3~4日ほどで自然に治ります。

早く治したいと潰すのは、逆効果なので絶対にNGです。痕が残る原因にもなります。

毛嚢炎にならない3原則!清潔、保湿、日焼け止め!

ひまわりと笑顔の少女

毛嚢炎について説明しましたが、どんな症状なのか、注意点、ケアの方法など、ご理解頂けたでしょうか?

そんなに恐ろしい病気では無いので、神経質になる必要は無いと思います。

それでは本題に入りますね!

キッズ脱毛で、毛嚢炎になる可能性があるのか?です。

結論から言いますと…

◎キッズ脱毛で、毛嚢炎になる可能性はあります。

脱毛だけが原因では無く、赤ちゃんでもなる皮膚炎です。

子供の場合は、小児科と皮膚科で処方される薬が違う場合もあるようです。

子供の方がなりやすい?

子供の皮膚は大人の1/3の薄さです。

大人より柔らかく、ダメージに弱いです。

ハイパースキン脱毛のように刺激が弱い場合は、毛嚢炎の可能性は低いです。

でも光脱毛や医療脱毛のように刺激が強い場合は、毛嚢炎のリスクが高くなります。

子供は我慢が出来ない

一番心配なのは、毛嚢炎になった後です。

痒みが出てきた場合、無意識に掻きむしってしまう可能性があるからです。

大人なら触らないで自然に治すことが出来ますが、子供は基本我慢が出来ません。

触ることで悪化させる危険があります。

時に眠っている間、カラダが暖まるので痒みが強くなる可能性があり、無意識に触ってしまうので心配です。

ママが出来ること

普段以上に、清潔、保湿、日焼け止めを気を付けてあげて下さいね!


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

コメントは受け付けていません。