キッズ脱毛の必要性や安全性をサロン情報や施術方法から詳しく解説!

小学生の子供が安全に脱毛できるのがキッズ脱毛

キバナコスモスと笑顔の女児

子供が脱毛するなんて、まだ早い!と言うのは、もう時代遅れです。

それは自分が子供だった頃の常識になりつつあります。

脱毛の低年齢化

自分が始めてて脱毛したのは、何歳の時ですか?

私は、高校生の頃だった気がします。

でも、私が子供だった頃より、確実に今の子供はカラダの発育が早いです。

まず食生活が違うので、体型も身長も外国人に近付いてきています。

だから体毛の生える時期も、昔よりは早い傾向にあります。

そう考えると、脱毛の低年齢化が起こっても、何ら不思議はありませんよね?

脱毛の開始年齢のアンケート

初めて脱毛(方法は問わない)した年齢に関するアンケートがあります。

1位 13~15歳(中学生)
2位 16~18歳(高校生)
3位 12歳以下(小学生以下)
4位 19歳以上(高校卒業後)

3位の12歳以下(小学生以下)は、全体の12.2%ほどです。

多く感じますか?少なく感じますか?

女の子は、初潮により大人のカラダへと変化する

生理用品のメーカー調べでは、初潮の時期は小学校の高学年がダントツに多い結果でした。

1位 小学5年生
2位 小学6年生
3位 中学1年生
4位 小学4年生
5位 小学3年生/中学2年生

早い子は、小学3年生で初潮になる子もいるようです。

初潮が始まると、ドンドン大人のカラダへと変化が始まります。

小学生は発育の早い子と遅い子が一緒にいるので、精神的にも戸惑いが起こります。

親がキチンと説明してあげないと子供は不安になり、他の子より発育が良い事が、コンプレックスになってしまう場合もあるのです。

周りと違うことは、不安に繋がる年代

大人になれば自我が確立して、他人と違うことも個性として捉えられるようになります。

でも子供は他の子と違うと、からかったりイジメの対象になるケースも多々あります。

子供は案外と残酷なアダ名を付けたりします。

毛深い子に対して、「毛虫」「ゴリラ」「モジャモジャ」「ワキ毛ボーボー」など、ストレートなアダ名で呼んだりします。

それほど悪気が無いので、余計始末が悪いです。

特に女の子で、そんなアダ名で呼ばれると、とても心に傷を負うことになります。

親に訴える子はまだ安心ですが、親にも打ち明けられず心に蓋をした子は、ドンドン深い傷と悩みを深めていくことになります。

プールの授業は要注意!

プール授業の時に水着になった際に、「アイツ毛深い」とイジメが始まるケースが多いようです。

特に女の子のお母さんは、お子さんのカラダをチェックしてあげて欲しいと思います。

子供脱毛のサロン

時代のニーズにより、子供でも安心して脱毛出来るサロンがあります。

小学生から脱毛をスタートさせる子が増えているそうです。

子供でも大丈夫なの?親として色々と心配

ジャンプする女児

脱毛というと、肌を痛める傷付けるといったネガティブなイメージがありますよね?

特に子供の肌はデリケートなので、心配になる気持ちも理解出来ます。

でも、お母さんが正しい知識や情報を得る事で、子供の毛深い悩みを解決してあげる事が出来ます。

我が子が心に傷を負う前に対処してあげるのが、お母さんの役目だと思います。

どの脱毛方法を選ぶかが大切

脱毛の方法は色々ありますよね?

お母さんが普段行っている脱毛方法で、お子さんの脱毛をする場合もあるかもしれませんね。

でも、大人の肌ならダメージが少なくても、子供の肌にはダメージが大きい場合もあるので、脱毛方法の選択は慎重に決める必要があります。

※大人でも避けた方がいい脱毛方法
・カミソリで剃る
・毛抜きで抜く

これは肌ダメージが大きく、傷付けたり、色素沈着を起こす場合もあるので危険です。

※子供には向かない脱毛方法
・刺激の強い脱毛クリーム
・脱毛テープ
・シェーバー(脱毛サロンで販売されているものは除く)

これも肌荒れを起こす危険があるので、避けた方がいい脱毛方法です。

子供にも負担が少ない脱毛方法とは?

1位 脱毛サロン
2位 天然素材の抑毛ローション
3位 家庭用脱毛器

1位の脱毛サロンは、プロが施術するので一番安全です。

脱毛サロンによって、年齢制限がある場合があります。

サロンを選ぶコツは、「キッズ脱毛」を行っているサロンを選ぶ事です。

サロンの良いところは、まずキチンと肌チェックを行い、一番負担が少ない方法で施術するので、「肌を傷付けない」「色素沈着が無い」「安全」という点です。

色素沈着すると、大人になってからシミの原因にもなるので、将来の事を考えるとサロンがお勧めです。

2位の天然素材の抑毛ローションは、肌に優しい成分なので、ダメージが無いのがメリットです。

口ひげにも使えます。

でも、抑毛なので即効性が無いのがデメリットです。

明日プールだから今夜脱毛しよう!と思っても、残念ながら間に合いません。

3位の家庭用脱毛器は、子供から男性まで使えるのがメリットです。

ただ子供が使用する場合は、出力を抑える必要があり、強い出力で行った場合は肌にダメージを受けるので、条件付きでのお勧めとなります。

脱毛サロンは敷居が高くない

お母さんが脱毛サロン経験者なら、それほど抵抗感は無いと思います。

むしろ、親子で通える事を楽しむお母さんもいるかもしれませんね。

脱毛サロンには必ず無料カウンセリングがあります。無理な勧誘も無いので、まずは知識を得るために気軽にカウンセリングに行く事をお勧めします。

キッズ脱毛専門のサロンなら任せて安心

桜とランドセルの少女

ほとんどの脱毛サロンは未成年もOKですが、未成年と言っても高校生くらいからの所が多いです(親の同意書必要)

でも小学生以下の子供でも脱毛OKなサロンもあります。

キッズ脱毛のメニューがある脱毛サロンです。

小さな子供のデリケートな肌でも大丈夫な施術なので、肌への負担も少なく、安全性が高いのが一番のメリットです。

キッズ脱毛の中でも、特にお勧めのサロンがあります。

厳選した脱毛サロンを、2店舗紹介したいと思います。

ディオーネ

・脱毛対象年齢は、3歳からです。幼児から脱毛が可能です。

・脱毛方法は、「ハイパースキン脱毛」です。

《ハイパースキン脱毛》

・高温の熱を使わない。(温かい程度)
・痛みや火傷の心配がない。
・肌ダメージ0

幼い子供でも安心して脱毛出来ると、朝日新聞でも紹介されています。

《料金》3~15歳までの料金設定があります。

※全身脱毛→3歳 180000円(3~15歳までの料金設定があり)

※部分脱毛の料金は、小学3年生は大人料金の10%offです。
・顔全体(36000円/6回)
・鼻下(15000円/6回)
・ワキ(15000円/6回)
・ヒジ下(36000円/6回)
・ヒザ下(42000円/6回)

※セット割引あり。

※初めて体験価格7560円(中学3年生までの女子、小学3年生までの男子)1回限り。

費用を考えると、小学3年までに脱毛した方が安くなりますね。


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

エピレ

・脱毛対象年齢は、7歳からです。小学生以下の幼児の脱毛は出来ません。

・脱毛方法は、「フラッシュ脱毛」です。

《フラッシュ脱毛》
・レーザー脱毛より痛くない。
・エステの老舗TBCのプロデュース。
・安全性の高いマシンを使用。

《料金》
※部分脱毛

・顔全体(56000円/6回)
・鼻下(13500円/6回)
・ワキ(13500円/6回)
・ヒザ下(26400円/6回)
・ヒザ下(26400円/6回)

※セット割引あり。

《初めて割引》1回限り
・19部位から2ヶ所を選ぶ→980円
・両ワキ6回→500円

キッズ脱毛としては、ディオーネとエピレが人気の脱毛サロンです。

個人的には、ハイパースキン脱毛の方が、火傷の心配が無いのでお勧めです。

フラッシュ脱毛は、多少痛みがあるので、ストレスに感じる可能性もあります。

部位によっては、エピレの方が費用が安いので、予算的にエピレを選ぶ方もいます。

無料カウンセリングで、些細な疑問点も質問して、納得した上で施術を受けて欲しいと思います。

まずは体験してみるのがお勧めです。


↑↑↑エピレ公式サイトはコチラから

子供の綺麗な肌を傷つけない最新の脱毛技術

草原でほほ笑む少女

大人でも脱毛の自己処理は、肌にダメージを与えるので、危険な一面があります。

肌を傷付けたり、毛穴が開いてしまったり、色素沈着してシミの原因となる場合もあります。

子供の成長が早くなった為に、ムダ毛の処理の低年齢化が進み、子供の安全な脱毛のニーズが高まり、脱毛サロンでもキッズ脱毛のコースが始まりました。

少子化により、一人っ子が増えた事も関係している気がします。お金も子育てにかける時間も、一人の子にかけられるので、より大切に育てる傾向があります。

脱毛サロンの価格競争も激化して、ワンコインで脱毛出来るサロンもあります。キッズ脱毛のニーズが益々高まれば、価格も下がり、お母さんと一緒に通う子供も増えそうですね。

でも、脱毛サロンだから安全とは限りません。

大人には安全でも、子供の肌にはダメージが大きいという意味です。

だから、どんな脱毛方法が行われているか、お母さんがキチンと理解する必要があります。

まず一般的に脱毛サロンが行っている脱毛方法について、お話してから、キッズ脱毛の最新技術についてお話しますね。

お母さんご自身に比較検討して頂けたらと思います。

《光/レーザー脱毛》

※光/レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛は、黒いメラニン色素(毛)だけに反応します。

ピンポイントで毛穴の奥の毛根を焼き切り、自然と毛が抜ける仕組みです。

光/レーザー脱毛の問題点とは?

①痛み
熱で毛根を破壊する仕組みなので、その熱で痛みを感じる場合があります。大人でも部位によっては、強く痛みを感じる事があります。

②毛穴の炎症
毛根を焼き切る時に、毛穴が炎症を起こす場合があります。

③火傷
毛根に反応する仕組みですが、黒子や日焼けなどにも反応するので、軽い火傷状態になる場合があり、痛みを感じます。

光/レーザー脱毛の問題は、火傷と痛みです。個人差があるので、大人でも平気な人もいれば、痛くて辛かったという人もいます。

ただ子供は大人と違って、痛みに強くありません。痛みを感じると、脱毛に対してトラウマになる可能性もあります。

また脱毛の為に、無理に痛みに耐えてしまうのも可哀想です。

皮膚が大人より弱いので、火傷の心配もあります。

せっかくキレイな肌を傷付けては、本末転倒ですよね。

子供でも安全な脱毛方法とは?

まず「痛み」が無いこと。「火傷」の心配が無いことです。

肌にダメージが無い、痛みのストレスが無い、子供に安全な脱毛方法が「ハイパースキン脱毛」です。

【キッズ脱毛最新技術ハイパースキン脱毛】

従来の脱毛方法との違いとは?

従来の脱毛方法は、「今生えている毛の毛根」にアプローチする方法です。

ハイパースキン脱毛は、「これから生えてくる毛の種」にアプローチする点が、従来の脱毛と大きく違います。

「毛の種」とは?

毛には周期があります。

休止期→退行期→成長後期→成長期→成長初期

皮膚の表面に出ている毛は、全体の1/3ほどしかありません。ほとんどは、皮膚の下でスタンバイしています。

皮膚の下の毛の赤ちゃんが毛の種です。

ハイパースキン脱毛は、休止期の毛の種(発毛因子)にアプローチするので、毛根を焼き切る必要が無いので、高温の必要がありません。

ハイパースキン脱毛の温度は?

高温では無いなら、何度くらいなのか気になりますよね?

ハイパースキン脱毛は、36~38度の体感温度です。

なので、熱による痛みもありません。ストレス無くお子さんも脱毛する事ができます。

冷たいジェルも不要

通常の脱毛方法では、熱による痛みの軽減の為に、冷たいジェルを使います。

この温度差は大人でもストレスを感じる人が多いです。

でもハイパースキン脱毛は、体感温度なので冷たいジェルを使用する必要もありません。

◎キッズ脱毛の5つの特徴

①寝てしまうほど心地よいホットジェルのみ使用。

②高温で焼き切る必要が無いので、肌が敏感な部分の脱毛も可能。

③通常の脱毛では断られる日焼け肌でも、脱毛が可能。

④予約は1ヶ月毎、最短で2週間だから、約2倍のスピードで脱毛が可能。(他のサロンでは2~3ヶ月毎)

⑤フォト美顔の光なので、ハリツヤ美肌効果があり、毛穴が広がりません。

ハイパースキン脱毛は、娘を想う父親の愛情から開発された(開発秘話)

ハイパースキン脱毛の開発者は、娘を持つお父さんです。

ある日、娘さんが腕の毛を脱毛したいと言い出しました。

理由を聞くと、プール授業で男の子にからかわれた事で、悩んでいたんです。

そして娘さんの脱毛を決意します。でも従来の脱毛をした結果、娘さんは痛みを訴えました。

そこで子供が安心して受けられる脱毛方法を開発しました。

娘さんに試してみると、痛みを感じずに脱毛する事が出来ました。

娘さんは、またプールを楽しめるようになりました。

ハイパースキン脱毛が安全なのは、開発者のお父さんの愛がこもっているからなんですね。

私がハイパースキン脱毛をお勧めしたのには、こんな秘話があるからです。

無料カウンセリングで納得出来た後に、脱毛体験が出来るので、最終判断はお子さんの感想を聞いた後で大丈夫です。

うちの子毛深いと思ったら今すぐ相談

枯れ葉と戯れる少女

《キッズ脱毛まとめ》

毛深さは遺伝する?

両親が毛深い場合、子供に遺伝する確率は高くなります。また、隔世遺伝(3代前)する場合もあります。

一緒にお風呂に入る時に、然り気なくチェックしてあげましょう。

子供からのSOS

親にも打ち明けられない子供もいます。暑い夏も長袖の服を着たり、長い靴下を履いていたり、ちょっと不自然な行動を取っていたら、マワリノ目を気にしている可能性があります。

顔のコンプレックスの始まり

眉毛が太い(濃い)、口ひげ(産毛)は、男の子からのからかいの原因になる場合が多いと言います。

鏡を見る頻度が多くなったら、何かを気にしている可能性があります。

不登校の原因にもなる

最悪のケースでは「学校へ行きたくない」と言い出したり、登校前になると腹痛や頭痛を起こしたりするようになります。

劣等感からのストレスが原因なので、その原因を取り除かなければ解決しません。

親に隠れた行動への心配

「まだ子供だから早い」と、お子さんの悩みを軽く考えると、親に隠れて脱毛する心配もあります。

カミソリで誤って傷付けてしまったり、徐毛クリームで肌荒れを起こす可能性もあります。

親の出来る事とは?

①子供の悩みに気付いてあげること。

②子供の相談を真剣に受け止めること。

③子供だからと言わない。(軽視)

④一緒に考えあげる。

それでも解決出来ない時は?

脱毛のことは、脱毛のプロに相談するのが一番です!

脱毛サロンでは、必ず無料カウンセリングを行っています。

お子さんと一緒に出掛けて下さい。お子さんの悩みに一つ一つアドバイスをしてくれるので、お子さんの心を軽くしてあげる事が出来ます。

それが一番大切なことだと思います。

お試し体験を受けてみる

もしカウンセリングで、脱毛しても大丈夫だと思ったら、実際にお試し脱毛してみることをお勧めします。

最終ジャッジは、お子さんが痛みやストレス無く脱毛出来たらで良いと思います。

安心の脱毛方法を選ぶ

火傷や痛みのリスクがある脱毛方法は、子供には向きません。料金より安全性を重視しましょう。

安全のハイパースキン脱毛

父親の子供への愛情から開発されたハイパースキン脱毛は、従来の高熱による火傷や痛みの心配の無い脱毛方法です。

体感温度で行うため、3歳から受ける事が出来ます。

冷たいジェルも使わず、ストレスフリーです。更に美肌効果もあります。

施術間隔も短い(最短で2週間)ので、スピーディーに脱毛出来ます。

最新技術のお勧めの脱毛方法です。


↑↑↑ディオーネ公式サイトはコチラから

コメントは受け付けていません。